【延長決定!期間限定】制作費用割引キャンペーン!!

詳しくはこちら

管理画面からWordPressアドレス(URL)を戻せない時の対処法

WordPressをインストールして、無事管理画面にログインできた後に行うであろう「設定」の編集。
「設定」画面を編集しようとした際、WordPressアドレス(URL)を書き換えて管理画面へ入れなくなってしまった!という経験がある方もいるかもしれません。
今回は、そんなときに知っておくと役に立つ方法をご紹介します。

ケーススタディ:管理画面にログインできない!

WordPress管理画面内の「一般設定」ページを編集している際に「WordPressアドレス(URL)」を書き間違えてしまうと、管理画面のログインIDとパスワードを入力しても管理画面ではない別のページが表示されてしまいます。
書き間違えてしまったURLを戻したい、でも肝心の管理画面にはアクセスできない…という状態になるわけです。

管理画面上での編集が不可能な状況に陥ってしまうととても焦ってしまうかもしれませんが、打開策があります。
それが「wp-config.php」を編集する方法です!

なぜ「wp-config.php」を編集するの?

WordPressのインストールがうまくいっていれば、「wp-config.php」という名前のファイルがサーバー内に存在するはずです。
このファイルが何かというと、データベースの接続に必要なデータなどを記したファイルです。
「wp-config..php」のファイルを開いてみると分かるのですが、WordPressに関する重要な情報が書かれています。

管理画面からWordPressアドレス(URL)の修正ができなくなってしまった場合、このファイルの中に正しいURLを追記することで、管理画面上の情報を元の状態に戻すことができます。
ファイルに直接記述することで、管理画面の情報を上書きするイメージですね。

管理画面にログインできるようにする方法

まずは「wp-config.php」をエクスポート

サーバー上のディレクトリ内にあるファイルの中から、「wp-config.php」をエクスポートします。

注意点

先ほども書いたとおり、このファイルの中には重要な情報が書かれています。念のため「wp-config.php」の編集を行う前に、バックアップをとっておきましょう。

WordPressURL(アドレス)を追記

「wp-congif.php」を開き、

define('WP_SITEURL', 'WordPressアドレス(URL)');

の一文を追記します。
‘WordPressアドレス(URL)’の部分に、管理画面で書き換える前に入力されていた正しいURLを記述し、保存してください。

注意点

編集には、「UTF-8のBOMなし (UTF-8N) 」で保存できるテキストエディタを使用する必要があります。編集に使えるテキストエディタはこちらに書いてくれています。

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

また、追記する場所は

と記述がある部分よりも上にしましょう。
(それ以降のコードがファイル内の最後に記述されていないといけない仕様のため)

サーバーへアップロードし管理画面へログイン

編集した「wp-config.php」を保存後、サーバーに上書きします。
管理画面のURLにアクセスするとログイン情報の入力画面が出てくるので、ログインID/パスワードを入力してログイン。

これでログインできなかった管理画面に再度アクセスできるようになります。一安心ですね。

「wp-config.php」を編集後の注意点

「wp-congif.php」にWordPressURL(アドレス)を追記し修正する方法には、以下のような注意点があります。

管理画面での編集はできなくなる

管理画面内の「一般設定」ページでWordPressURL(アドレス)部分が下の画像のような感じで入力欄が灰色になり、管理画面では直接変更できない状態になります。

もし再度編集が必要となった場合は、同様の手順を踏んで「wp-congif.php」のdefine(‘WP_SITEURL’, ‘WordPressアドレス(URL)’);を変更してください。

サーバーアップロードの場所に注意

サーバー内にディレクトリが複数あり「wp-config.php」が各ディレクトリ内に存在する場合、「wp-config.php」をアップロードするディレクトリを間違えないように気をつけましょう。

まとめ

今回はWordPress管理画面にログインできない状態で、WordPressURL(アドレス)を編集する方法をご紹介しました。

管理画面上でURLを直接編集できなくなっても支障がない場合にのみ使える方法ですが、頭の中に入れておくと安心だと思います。
ぜひご活用ください。