横浜のホームページ制作依頼はデザイン事務所セーノ

受付時間:10:00~18:00(土日祝休み)

045-550-4769

ホームページ運営サポート

Support blog

そのホームページ、飽きているのは自分だけ?

更新日:2016-01-29

tired-to-the-hp.jpg

ホームページを開設して数年が経過すると「なんだかうちのホームページにも飽きてきたからそろそろリニューアルしたいな」なんてこと、ありますよね。

しかしホームページに飽きたからといってリニューアルしてしまうのは、実は非常にもったいないんです。


飽きているのは自分だけ?

まず考えてみてほしいのは「そのホームページに飽きているのは自分だけではないか」ということ。

ユーザさんは用事(依頼したいこと、買いたいもの)がある時だけホームページを閲覧しますが、

ホームページを運営している人は取引先にURLを伝えるとき、ホームページでお知らせを出すときなど、何だかんだと自分のホームページを閲覧する機会も多いものです。

ホームページを何年も運営していると、他の人も自分と同じくらいそのホームページを見ているような気になってしまうものですが、

どんなに「あんまり自分のホームページは見ないよ」という方であっても、大抵は一般ユーザさんよりも自分のホームページを見ています。

自分が飽きただけでリニューアルするとどうなるの?

答えは簡単で「ユーザが困惑する」ことになってしまいます。

先ほどお話したように、ユーザさんは余程そのホームページのファンでもない限り自分に用がある時だけ、多くても年に数回しか閲覧することがないでしょう。

もし運営者目線の「飽き」でデザインを一新してしまっていたら、またユーザさんが同じ目的でホームページを訪れた時「あれ?こんなホームページだっけ?ここじゃなかったかも」となってしまいそうですよね。

このようにホームページの「飽き」とは、運営者とユーザの間でずれがあります。

もちろんホームページは自分(会社)の持ち物ですし、リニューアルによってデザイン以外ページ追加や機能追加なども改善できるので、一概にダメではないですが、

自分が「飽き」を理由にリニューアルしようとしていると感じたら、もう一度だけ立ち止まって状況を分析してみましょう。

ユーザが飽きているかなんてわからない?

「そんなこと言ったってユーザが飽きているかどうかなんて分からない!」という声が聞こえてきそうです。

確かにユーザさんは名前も顔も知らないネットの向こうの人たちですから、その人たちが自分のホームページに飽きているかどうかを知るなんてできるのでしょうか。

実は比較的簡単な方法で知ることができるんです。


それは「ユーザさんにアンケートをお願いする」こと。

ホームページにアンケートフォームを設置しても良いし、サービスやネットショップのホームページであれば、メールや手紙を送る時にアンケートのお願いも合わせて入れてみましょう。

そこに「私たちのホームページについてどう思いますか?」という質問があれば、ユーザさんの"生の声"が手に入れられます。


多少の手間はかかりますが、アンケートは商品やサービスの改善にも活用できるので、BtoCの業種であれば迷わず試してみてください。

あなたにおすすめの記事

件名だけじゃない!メルマガ開封率を上げる方法とは?

SNSをはじめWebマーケティングの手法は増えているものの、そうはいってもやはりメルマ...

ホームぺージの運用ガイドラインを作る方法とは

ホームページの運用をしていると、構築したときに決めたルールやクオリティがいつの間にかズ...

Web担当者が知るべきホームページリニューアルの耐用年数

まとまった予算をかけて行う、ホームぺージリニューアル。リニューアルした後、何年使い続け...