横浜のホームページ制作依頼はデザイン事務所セーノ

受付時間:10:00~18:00(土日祝休み)

045-550-4769

ホームページ運営サポート

Support blog

ホームページ発注の最適なタイミングはいつ?

更新日:2015-08-05

timming-of-order.jpg

そろそろホームページが欲しいなと思っても、「どのタイミングで発注するのが良いのか」って結構分かりにくいですよね。結論を先に言ってしまうと、【早すぎても遅すぎてもいけない】だと思います。

そこで今回は、ホームページの形態によって、どの段階が最適な発注タイミングがいつなのか書いてみようと思います。

まずは、どんなホームページを作ろうと思っているのかを考えてみましょう

ホームページと一言でいっても、「起業をしたばかり会社のホームページ」「通販サイト」「新しく立ち上げるネットサービス」など、

ご依頼の背景によって、様々なタイプのホームページがありますよね。

実はそれぞれ、最適な発注タイミングは変わってきます。

「起業をしたばかりの会社のホームページ」を発注するのに最適なタイミング

「起業もしたし、やっぱり今の時代はホームページを作っておこう!」そんな風に考えられるかもしれません。

ですが、ここでひとつ注意して欲しいのが、"始めたばかりの事業は変化が多い"ということです。

事業設立を経験されている方はもちろん身に染みて感じているであろうこのポイントですが、ホームページ制作にも大きく影響します。

事業内容が安定する前にホームページ制作をスタートしてしまうと、「メインの事業が変わっちゃった」「こんな内容のページ・機能も必要になった」など、

色々なハプニングが制作過程で湧き出てきます。


ホームページは「情報をいかに分かりやすく掲載するか」という媒体なので、

掲載する情報の主軸が変わってしまうと、最適なデザイン・機能なども変わります。

見切り発車で制作をスタートし、最適ではない形でホームページ制作が進んでしまうことのないよう、

起業時などにホームページ制作を発注する時は【事業内容が安定した時期】に発注することをおススメします。

「通販サイト」を発注するのに最適なタイミング

通販サイト発注のタイミングは、初めての通販サイト立ち上げなのか、過去に立ち上げたことがあるのか、によって変わります。

初めて通販サイトを立ち上げる場合

初めてとはいえ、ホームページがあって初めて事業がスタートするものなので、会社のホームページを作るときのように、

「事業が安定してから」とは言えません。

そこでおススメなのは、【登録無料の通販サイトを利用し、営業スタイルがつかめてきたら発注】することです。

現在は気軽に登録できる通販サイトも多くありますので、まずはそこで営業を開始してみると、

その中で見えてきた課題や、自店の長所などが分かってくるので、オリジナルのサイトに反映させることができます。

過去に立ち上げたことがある場合

過去に通販サイトを立ち上げたことがある場合、仕入ルートを確定したり、自店のメリットを整理したり、発送方法を考えたり、「お店」を立ち上げるのに必要な準備は問題なく出来ていると思います。

なので【迷わず、すぐに】発注してしまいましょう。逆に、上記の項目が確定していないのであれば、ある程度固まってから発注をすると良いと思います。



「新しく立ち上げるネットサービス」

さてここまで2種類のホームページについて、最適な発注タイミングを考えてきました。

では、「ネットサービス」の場合はどうでしょうか。

他の2つとはちょっと毛色が違いそうですね。まずは違いをみてみましょう。

ネットサービスとそれ以外のホームページの違い

ネットサービスの特徴は名前の通り、「ホームページ自体がサービスであり、商品である」ということだと思います。会社のホームページや通販サイトなどは、それぞれ「自社の情報」「商品」など、元々"自分たちが持っている何か"を打ち出して集客しようという考え方ですが、

ネットサービスの場合は、ホームページ自体の機能(サービス)によってサービスの価値を上げていく、という考え方です。


身近なところでは食べログやグルーポンのような参加型のサイトがイメージしやすいかもしれません。

で、結局いつが最適なのか

少し話が逸れてしまいましたが、ネットサービスが前述のように、「ホームページ自体がサービスであり商品」なので、

事業計画とホームページ制作は非常に密接な関係にあります。

設立時の企画設計から公開後も、ユーザーからの反響などを見ながら常に二人三脚で進めていくことになるため、

【サービスの根幹だけ定まったタイミング】が良いのではないかと思います。

食べログでいえば、「主婦が投稿・閲覧できる家庭料理のレシピサイトを作ろう」とテーマが決まる段階です。

どのような方法で投稿するか、ランキング機能や会員専用機能など、細かなことは進める過程の話し合いや、ユーザの反響を見ながら改良していけば問題ありません。



まとめ

形態ごとの最適な発注方法について触れてきましたが、いかがだったでしょうか。

次回は、実際に発注をしたとして「ホームページが完成するまでにはどのくらいの時間(期間)がかかるのか」について書いてみようと思います。

あなたにおすすめの記事

件名だけじゃない!メルマガ開封率を上げる方法とは?

SNSをはじめWebマーケティングの手法は増えているものの、そうはいってもやはりメルマ...

ホームぺージの運用ガイドラインを作る方法とは

ホームページの運用をしていると、構築したときに決めたルールやクオリティがいつの間にかズ...

Web担当者が知るべきホームページリニューアルの耐用年数

まとまった予算をかけて行う、ホームぺージリニューアル。リニューアルした後、何年使い続け...