横浜のホームページ制作依頼はデザイン事務所セーノ

受付時間:10:00~18:00(土日祝休み)

045-550-4769

ホームページ運営サポート

Support blog

SNSの使い方1

更新日:2012-04-17

ここ数年でFacebookやtwitterをはじめとした【SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)】といわれるサービスが広まりました。
少し驚きですが、これまでパソコンなどに詳しくなかった、比較的高年齢層の利用者が多いこともSNSの特徴かもしれません。

さて、最近ではこういったSNSをホームページに組み込んだり、合わせて利用したりする会社も多くなってきました。
しかし、「本当にSNSが利益につながるの?」といった方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、各SNSの特徴から、ホームページで利益を上げるコツについてお話ししていきます。

  • ・SNSにできること
  • ・各種SNSの特徴


■SNSにできること
各SNSの特徴を考える前に、まずはSNSというサービス自体の持つ特徴について考えてみましょう。
SNSの大きな特徴は「みんなが情報の発信者になれる」ことです。
これまで、ホームページを見るだけのひたすら「受け手」だった人が、情報の「送り手」になれるようになりました。
ホームページを持たなくても情報を発信・拡散できる手軽さがSNS急成長の理由かもしれません。

また、SNSが広まった現在、以前よりも気軽に自分の考えや感想を発信できるため、ネット上に人間味のある情報が増えたのではないでしょうか。この「人間味」というのが、ホームページで利益を上げるためのキーワードになります。


■各種SNSの特徴
SNS自体に見られる特徴は「人間味」でした。
しかし、SNSサービスといわれるモノの中にもたくさんの種類があります。
今度はそれぞれの違いを見ていきましょう。

・twitter
 好きな名前で登録できる/自分の考え方や日常を発信/10~20代中心
 twitterは「~なう」で有名になったように自分の日常や考え方を発信す
 る人が多い傾向がある。

・Facebook
 本名登録/興味のあるニュースやサービスを拡散/20代~30代中心
 一方でFacebookは本名での登録義務付けられているため、日常より
 も企業やサービスの情報に対する意見などが多く見られる。

・mixi
 好きな名前で登録できる/国内のSNSで女性支持率がNo.1/10代~30代中心/
 twitterやFacebookに比べて、情報の公開範囲が狭いですが、
 その分つながりが強い。



■まとめ
それぞれの違いを見て、微妙に使っている層が異なることに気づいた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
自分が宣伝したいお店(会社)や商品のターゲット層はどのSNSサービスを利用しているのか。それをしっかりと調査して、狙ったターゲット層が使用しているSNSを効果的に組み込む。
そうすればSNSを通してホームページへ集客したり、お店を広めてもらうことも出来るようになるので、自分のホームページと相性の良いSNSを考えてみてください。

次回はSNSの具体的な活用方法についいてお話していきたいと思います。




デザイン事務所セーノは神奈川県横浜市を中心に活動しています。
横浜以外のお客様からも数多くご依頼いただいておりますので、ホームページ制作依頼をお考えの方はぜひ、デザイン事務所セーノをご検討ください。

デザイン事務所セーノ

あなたにおすすめの記事

WEBプロモーションに効果発揮!「プレスリリース配信」活用のコツ

Webサイトのアクセス数向上のために、SNSやメールマガジンの配信、リスティング広告な...

ロングテールSEOはアクセス数を増加させる

現在ではSEO対策の基本となったロングテールSEO。どんなに良いコンテンツが揃っていて...

内部リンクがSEOで重要な理由と最適化の方法

SEOで重要な2つのことと言えば、コンテンツの質とリンクです。しかし、このリンクには他...