横浜のホームページ制作依頼はデザイン事務所セーノ

受付時間:10:00~18:00(土日祝休み)

045-550-4769

ホームページ運営サポート

Support blog

SEO業者(SEOサービス)からの連絡が来た時のポイント

更新日:2012-04-12

今回はSEO業者の見極め方についてお話します。
デザイン事務所セーノでは、「最も安全なSEO」をご依頼者様にのみご提供しています。
下記をお読みの上、興味をお持ちでしたらお気軽にご連絡ください。


苦労して文章を考え、写真を揃え、ようやく出来たホームページ。
しかし、Googleやyahoo!といった検索エンジンで上位に表示されるためには知識と努力が必要です。どんなに早くても「公開スタート直後から1位表示」なんて夢のまた夢です。

そこで現れるのがいわゆる「SEO業者」と呼ばれる人々。
彼らはホームページを検索結果で上位表示させることで料金を受け取る業者さんなのですが、新規にホームページを立ち上げると数ヶ月から半年くらいで営業の電話がかかってくるはずです。

そのSEO業者といわれる人々の中には、かなり危険な手段でSEO対策を行う人もいるため、間違った業者を選んでしまうと最悪「検索結果自体からホームページが抹消される」という可能性もあるので、注意が必要です。


※そもそもSEOとは多くの場合、業者にお金を支払わずとも、継続的な努力をすれば自力であげていくことが可能なものです。


しかし、自分で手間をかける余裕が無く猫の手も借りたい方のために、今日は危ないSEO業者を見分けるポイントをご説明します。


・SEO対策の具体的な内容が教えてもらえない。
・実績として紹介されているホームページが匿名表記ばかり。
・実績のあるキーワード

■SEO対策の具体的な内容が教えてもらえない。
これは一番まずいです。最近では、一般の方でもある程度のSEO対策知識があるため、下手に手の内を教えると契約が取れないと考えている場合があります。

つまり、危険性をはらんだSEO対策を行っている可能性があるということ。

他にも良くある例として「たくさんのホームページからリンクを貼りますよー」といった業者さんにも注意してください。リンクを貼れば貼っただけ効果が出ていたのは既に過去の手法です。
実際、ある程度の効果は出るでしょう。しかし現在では、リンクの数よりもリンクの質(どんなホームページからのリンクがもらえるか)が重要になっていて、「質より量」のSEOは非推奨とされています。

そんなことをするよりも、自分の知り合いや社員のブログなどからリンクしてもらう方がよほど効果的です。



■実績として紹介されているホームページが匿名表記ばかり。
SEO業者は、一般の人にとってただでさえ分かりにくいSEOを、よりわかりにくい料金設定で行います。
そのため、ほとんどのSEO業者が成約率をあげるために、「実績」を公開しています。

しかし、実績と紹介されている顧客の名前がSさん、A社のようになっているときは注意してください。
顧客が名前を出したがらない理由も分かりますが、名前もURLも公開されていない実績を提示されたらアウトです。



■実績のあるキーワード
SEOとはキーワードごとに対策を行うものなので(例:カラコン 通販)、通常SEO業者は過去の実績と合わせてキーワードを提示してくれるはずです。
そこであげられているキーワードが、「売り上げにつながりそうなキーワードか否か」に注目してください。キーワードによっては上位表示が狙いやすいものと、狙いにくいものがあり、売り上げにつながりやすいキーワードほど競争は当然激しくなります。
例えば以下の例を考えてみてください。

・「Tシャツ」 で1位
・「Tシャツ 通販」 で1位

いかがでしょうか。アクセス数だけで見れば、「Tシャツ」の方が多いでしょう。
しかし、"ホームページから注文が入る"という目標に対しては「Tシャツ 通販」 で1位になることのほうが重要だと気がつくはずです。一概には言えませんがこの例を参考に、SEO業者が実績として提示してくるキーワードを判断してください。


■まとめ
SEO業者の中にも、危険性のない、本当の意味でホームページの評価を上げてくれる業者さんもいらっしゃいます。しかし、SEOという明確な答えのない業界にはさまざまな人が参入してきているため、現在飽和状態です。
危険な業者に頼んでも泣きを見るのは自分だけ。みなさんもSEO業者からの連絡には慎重に対応することをオススメします。

あなたにおすすめの記事

件名だけじゃない!メルマガ開封率を上げる方法とは?

SNSをはじめWebマーケティングの手法は増えているものの、そうはいってもやはりメルマ...

ホームぺージの運用ガイドラインを作る方法とは

ホームページの運用をしていると、構築したときに決めたルールやクオリティがいつの間にかズ...

Web担当者が知るべきホームページリニューアルの耐用年数

まとまった予算をかけて行う、ホームぺージリニューアル。リニューアルした後、何年使い続け...