横浜のホームページ制作依頼はデザイン事務所セーノ

受付時間:10:00~18:00(土日祝休み)

045-550-4769

ホームページ運営サポート

Support blog

リース契約を勧める制作会社の危険

更新日:2012-03-13

初期費用無料+月額制の会社と、初期費用有料+更新費用の会社、どちらを選べばいいの?

ホームページ制作業者として働く中で、そんなご質問いただくことがあります。

最近では、専門的な知識や技術がなくても、比較的簡単にホームページを制作できる時代になってきました。
正直、ホームページ制作を職業にしているものにとっては仕事を取っていくのがこれまで以上に困難です。

そんな中でちらほら姿を見かけるようになってきたのが【初期費用無料+月額制】を売りにする制作会社。ただし年契約のようなリースが基本です。
「初期費用0円!月額10,000円から!!」なんて広告を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、上のような会社に頼むときには、注意が必要です。

単純に数字だけ見ると、「制作費を何十万円も払うより月額1万円くらいで始められるなら...」と感じますよね。
しかし、高い高いと思われているホームページ制作も、案件によっては5万円-10万円で十分制作可能な場合があることを知っていて欲しいといつも思います。
以下に簡単な比較をご紹介します。

■ 制作会社A
・初期費用:100,000円
・更新費用:更新発生時(5,000円~)
--------------------------------------------------
計 100,000円 + 更新費用

■制作会社B
・初期費用:無料
・月額費用:10,000円(2年契約)
・更新費用:更新発生時(5,000円~)
--------------------------------------------------
計 240,000円 + 更新費用

となります。
「あれ?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。一件手軽に始められるように感じられるのは制作会社Bですが、まとめてみるとこんな金額を支払っているんですね。
中には更新費用を月額費用に含む制作会社さんもいらっしゃいますが、更新が必要ない場合にまで料金が発生するため、個人・中小企業の方にとっては損な気もします。
もし頻繁に更新を行う場合でも、リース契約など結ばずに、製作段階で「自分で更新できるホームページ設計」をしてもらっておいたほうが安く済む場合も多いのが現状です。

5ページ程度の簡単なホームページであれば10万円程度で制作してくれる制作会社さんも多いので、ぜひ検討してもらいたいと思います。私自身制作業界に身を置いていますが、初期費用アリで制作を請け負っている会社さんの方が細かなフォーローアップをしてくれる気がします。
リース契約の場合、契約期間が終わるとフォロー無しか契約料金を払い続けるしかなくなるので、注意してください。


まとめ
リース契約タイプの制作会社さんを悪く書きすぎてしまったかも知れませんが、契約期間内であれば更新や修正などで多少の無理は聞いてくれることが多いので、自分の業種や目的にあった制作会社を探してみてください。
ほとんどの制作会社さんは相談無料ですので、まずは色々なところに問い合わせて実際に話を聞いてみることをオススメします。

あなたにおすすめの記事

WEBプロモーションに効果発揮!「プレスリリース配信」活用のコツ

Webサイトのアクセス数向上のために、SNSやメールマガジンの配信、リスティング広告な...

ロングテールSEOはアクセス数を増加させる

現在ではSEO対策の基本となったロングテールSEO。どんなに良いコンテンツが揃っていて...

内部リンクがSEOで重要な理由と最適化の方法

SEOで重要な2つのことと言えば、コンテンツの質とリンクです。しかし、このリンクには他...