横浜のホームページ制作依頼はデザイン事務所セーノ

受付時間:10:00~18:00(土日祝休み)

045-550-4769

ホームページ運営サポート

Support blog

ホームページ制作会社の選び方

更新日:2011-11-16

ホームページ制作会社は少人数の会社が多く、フリーランスとして一人で制作を受注されている方も多いです。
その中で、自分にあった制作会社を探すにはどうすれば良いでしょうか。
以下に各企業やフリーランスデザイナーさんのメリットデメリットを説明します。

大手ホームページ制作会社

人数が多い分、幅広い技術を持っています。
どんな内容でも対応できる可能性が高く、各分野のエキスパートが動けば、高いクオリティが望めます。しかし、それだけ費用は高くなります。最低でも100万円以上になるでしょう。
ただし、大企業でも社員は営業ばかりで実制作は下請けに任せてしまう会社もあるので、しっかり調べることが大切です。

一般ホームページ制作会社

人数が少ない分、細かな要求に迅速に対応できます。また、制作会社によって得意不得意の分野が出ます。
制作会社にデザインだけ任せたいのか、企画・立案や文章作成まで任せたいのか、しっかりと計画を立てた上で自分に合った会社へ依頼しましょう。
チラシ・パンフレットなどの紙モノデザインを主体でやっていて、ホームページ制作も請け負っている会社はサーバーやプログラムの知識が薄いことがあります。デザイン重視のホームページを作りたい方であれば相性の良い制作会社といえます。
また、プログラムやシステム(例:ショッピングサイトやマイページ機能が付けられる!等)を前面に出している会社はデザインが苦手な場合が多いです。ショッピングサイトなど高度なプログラムが必要な時は、こういった会社に依頼した方が安全です。 細かなシステム変更に対応できたり、プログラムで起こりやすい問題への知識も厚いので安心して任せることができます。
SEOやSEMの企画を前面に出している会社は、デザインやプログラムはあまり得意ではありません。しかし、検索エンジン(yahooやGoogle等)対策やアクセスアップさせることについてエキスパートです。デザインやプログラムは外注に出してしまう場合も多いですので、結果的に費用は高くなります。

個人事業主(フリーランスデザイナー)

制作にかかる費用が企業に比べて安いです。また、個人のスキルやセンスに全てが左右されるので、制作実績やホームページを見てしっかりと調べましょう。
信頼できる人を見つければホームページ制作会社よりも安く、高品質なものが制作可能です。
ちなみにデザイン事務所セーノもこの形態に入ります。詳しくは制作実績をご覧ください。

あなたにおすすめの記事

ホームページリニューアルに失敗しないためのコンセプトづくり

コンセプトがはっきりしていないままホームページリニューアルを進めると、「うちのホームペ...

ホームページリニューアルの際に注意すべきドメイン設定とは

ホームページリニューアルを進めるとき、従来のドメインをそのまま使うことが多いと思います...

web担当者がWordpress導入前に知るべき4つの事実

Web担当者としてホームページリニューアルなどでCMS導入を考えるとき、まずはWord...