SEOに対する、2013年4月25日現在のWebデザイナーとしての僕の考え方。

2013年4月25日 20:33 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
  • Yahoo!ブックマークに登録
最近は人の回しで相撲を取ってばかりだったので、久しぶりに僕自身の考えを書いてみようかと思います。

そこで今日は、SEOのお話。

SEOをかじっている人は、昨年といい今年といい悪夢のようなひと時だと思います。
パンダ・ペンギンアップデートによって、僕の管理サイトもいくらか影響を受けしまいました。
その中でも、運よく(?)上位表示が維持できている現状を踏まえて、"今できるSEOとは何か"を考えてみました。



まず、これまでにやっていたこと。

僕がSEOを始めたのは3年ほど前からです。
色々な手法を実践し、ブラックハットやホワイトハットも結構調べて回りました。
テストサイトも、いくつ圏外へ埋葬したか分かりません。

そんな中で僕が結局落ち着いたのは"限りなく白に近いグレーなSEO"でした。
何とも中途半端な響きですが、要はコンテンツ重視を掲げるホワイトハットを主軸に置きつつ、ブラックハットの代表である"自演リンク"を行う。というあまりにもそのまんまなやり方でした。

ひとつ。ポイントがあるとすれば、自演リンクは可能な限り自分のサイトテーマと関連するサイト(またはブログ)からのみ。
その総数も本気でブラックされている方の三分の一程度に抑えていたこと、
リンクを張るタイミング(頻度)も月に数回から週に数回へと、サイトが徐々に拡散され人気になっていく流れを意識した点でしょうか。
これが、僕が自分のSEOスタイルを"限りなく白に近いグレー"と呼ぶ理由です。



今、評価されること。

もちろん、僕が思うに。です。
パンダ・ペンギンも安定期に入った現在は、「ユーザのためになるサイトを作る」ことこそが最良最善のSEOだと考えています。
結論、人に見られる使われるサイト。って表現が近いでしょうか。
なんだそれって声も聞こえそうなくらい当たり前ですが、これこそが何だかんだ言って、やっぱり根本なんじゃないでしょうか。
ユーザに評価されるサイトが、結果として検索エンジンにも評価される。それは誰もが薄々感じていることだと思います。

大事なのは「ユーザのためになる」の考え方。
僕の翻訳では【便利】【情報量が多い】となります。
このどちらかだけでもい良いし、両立できるなら当然尚良しです。
今後のSEOには「機能・構成」や「原稿力・専門性」など、大きく言えば「人間性」までも必要になりそうと感じています。



そして今、やっていること。

正直に言うと、何もしていません。
もちろん、ガイドラインを意識したり、剪定SEOなどの検討などもしてはいますが、
あまり技術的(サイト制作上の)などに捉われすぎないようにしています。

SEOでの評価に影響が出ることを恐れて、更新や編集をためらうのではなく、必要と思ったことはやる。
を心がけています。(とはいえ、やりたくても面倒臭くて色々な理由で手が付けられないことも山ほど残ってますが。。。)



今後のサイト制作について考えていること(自分のサイトの場合)

先ほど触れた「ユーザのためになるサイトを作る」を考えれば考えるほど、
「個人でのサイト運営では、戦い方を変えていかなくてはいけないのかもしれない」という感覚が強くなってきました。

【情報量の多さ】でサイトに人を集めるためには、個人より企業の方が向いているのは言うまでもないわけですが、
その中で個性を出していくとしたら、法人の更新スタッフよりもニッチで専門性の高い情報を発信していく方法もあるにはありそうですね。

ただ、エンドユーザからの問い合わせ・注文獲得を目的としたサイトの場合は、それじゃダメですよね。
専門家ではないターゲットにとって、ニッチで専門性の高い情報なんていらないはずですし。

じゃあ、どうするのか。

僕は、「人間性」+「機能・構成」で勝負していくべきだと思っています。
もちろん一概には言えませんが、僕のような、ホームページ制作業を個人でやっているような人は、サイト運営と並行して日々の制作業務も行わなくてはいけません。もちろん一人で。

そうなると、発信・提供できる情報の量では法人でちゃんと運営しているサイトには勝てません。僕自身、この意識を持ち始めて間もないのでまだまだ模索中ではありますが、ひとつの正解になり得るのでは、と思っています。



最後に。

今回書いた内容は僕自身が実践した中で感じたこと。
僕の周りでは、今でもブラックを追及している人がちらほらいて、実際まだ抜け道もあるみたいです。

ただ、ブラックであれ、ホワイトであれ、今のSEOはどちらもかかる手間も少なくありません。だったらキレイな方が良いかなー、と。

本音の本音を言えば、サービスや業務外に対してこんな考えを巡らせつづける生活に疲れてしまった感はあるかもしれません 笑

いざ実践するとなると、もっと細かく注意している点はありますが、俯瞰で見ると概ねこんな感じで考えています。
最近はSEO談義もする相手が少ないので、他の視点からの考えもぜひ聞かせて欲しいなと思っています。

そして何より、大事なのはサービスを成功させること。
SEOに振り回されず、上手にサービスへ絡めていきたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus

Twitter

Facebookページ


Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録

月別アーカイブ

  • セーノのtwitter
  • セーノのfacebookページ
  • セーノのmixiページ
  • セーノのwordpressブログ
  • セーノのgoogle plusページ